All Artists

ジェニファー・ギルバート(ヴァイオリン)
Jennifer Gilbert, violin

Biography

 ボストングローブ紙によって「素晴らしい天賦の才能を持った若きヴァイオリニスト」「最も誠実な音楽家」と評された彼女は、フランス国立リヨン管弦楽団、オルケスタ・シンフォニカ・デ・ガリシア、メタモルフォーゼン室内オーケストラ、カーティス・シンフォニーを始め、数多くのオーケストラとソリストとして共演しているほか、ボストン、シカゴ、メンフィス、ニューヨーク、フィラデルフィアやイギリス、フランス等でもリサイタルを開催している。

 ニューヨーク・フィルハーモニックのヴァイオリニストである両親からヴァイオリンを習い始め、ハイメ・ラレード、二宮夕美の指導の下にカーティス音楽院で研鑽を積んだ後、ハーバード大学では英米文学を学び、文学士の学位と共に抜きん出た芸術性を持つものに対して贈られる「デイヴィッド・スティーヴン・ブラヴァーマン賞」を授与された。その後、ジュリアード音楽院でニューヨーク・フィルハーモニックのコンサートマスターであるグレン・ディクテローに師事、マスター・オブ・ミュージックの学位も授与されていた。
 室内楽奏者としては、レオン・フライシャー、エマヌエル・アックス、ピーター・ゼルキン、エレーヌ・グリモー、五嶋みどり、リチャード・ストルツマンなどと共演し、マールボロ音楽祭、サンタフェ室内楽音楽祭、ノーフォーク室内音楽祭、サイトウ・キネン・フェスティバル松本、インドのサンガット・フェスティバルなど多くの音楽祭に参加。
 現在、フランス国立リヨン管弦楽団のコンサートミストレスを務める傍ら、ソロ活動、室内楽活動を展開。2001年より開催されている「ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン」の音楽監督としても活躍。2009年4月には京都市交響楽団とドヴォルザークのコンチェルトを共演、ソリストとしての日本デビューを果した。また、10月には東京交響楽団とシベリウスを、2010年には、東京都響とグラズノフを共演し絶賛を博した。(使用楽器:1781年製ガダニーニ)

Schedule

2017年
■4月28日(金)14:00 会場:兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール
パック・ストリングス!


Images

ページトップへ