All Artists

カーチュン・ウォン(指揮)
Kah Chun Wong, conductor

Biography

 2016年第5回グスタフ・マーラー国際指揮者コンクール優勝。世界へ大きく羽ばたく、現在最も注目を集める若手指揮者の一人。
クルト・マズアの愛弟子として大きな影響を受け、さらに、グスターボ・ドゥダメル、ベルナルト・ハイティンク、ハインツ・ホリガー、エサ=ペッカ・サロネンといった錚々たる指揮者からも薫陶を受ける。コンクール優勝時には、「真摯な音楽性を持ち、今日からでも国際舞台で活躍できる才能を披露した」と絶賛された。
 コンクール直後には、急病のヘスス・ロペス=コボスに代わり、中国フィルハーモニー管弦楽団、上海交響楽団、広州交響楽団の定期演奏会を指揮し喝さいを浴びた。また、ロサンゼルス・フィルハーモニックよりドゥダメル指揮フェローに指名され、2018年9月からはニュルンベルク交響楽団首席指揮者に就任予定など、その輝きを一段と増している。

 これまでに、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団や新日本フィルハーモニー交響楽団を指揮し、今後はチェコ・フィルハーモニーや神奈川フィルハーモニー管弦楽団との共演、また、バンベルク交響楽団、上海交響楽団、シンガポール交響楽団等との再共演も予定されており、オーケストラから高く期待されている。
 母国シンガポールでは、マリーナ・マーラー(作曲家グスタフ・マーラーの孫娘)と様々な障がいを持つ子供たち向けの教育プログラム、イネイブリング・ヴィレッジ(Enabling Village)を共同で立ち上げるなど、音楽教育にも熱心に取り組んでいる。
 1986年、シンガポール生まれ。
 7歳でトランペットを始め、シンガポール軍楽隊に加わった後、ヨン・シュトウ音楽院(シンガポール国立大学)で作曲を学ぶ。その後ハンス・アイスラー音楽大学(ベルリン)に進み、クリスティアン・エーヴァルト、ハンス=ディーター・バウム、マヌエル・ナウリに指揮を師事。アスペン音楽祭では、2シーズン連続で指揮フェローとしてロバート・スパノのもとで研鑽を積む。またカブリロ現代音楽祭においてブルーノ・ワルター指揮奨学金を授与された。

Schedule

2017年
■5月28日(日)15:00 会場:東京オペラシティ コンサートホール
<コンポージアム2017> 2017年度武満徹作曲賞 本選演奏会

■6月17日(土)14:00 会場:横浜みなとみらいホール
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 定期演奏会 みなとみらいシリーズ 第330回

Videos

ページトップへ