All Artists

ハンスイェルク・シェレンベルガー(指揮、オーボエ)
Hansjörg Schellenberger, conductor & oboe

Biography

 1948年生まれ。大変な音楽好きの両親の元で育ち、早くから音楽に強い興味を持った。13歳からオーボエを始め、その後、ミュンヘンとデトモルトにおいてオーボエ、指揮法、そして数学を勉強。ミュンヘンのARDコンクール(1972)を含む主要な音楽コンクールで入賞後、1971年にケルン放響のオーボエ奏者となり、1975年から1980年まで同団のソロ・オーボエ奏者を務める。1977年からカラヤン指揮ベルリン・フィルにエキストラとして参加するようになり、1980年1月から2001年夏までベルリン・フィルのソロ・オーボエ奏者を務める。退団後は、指揮者、ソリストの仕事を中心に活躍している。
 これまでにソリストとして、カラヤン、ジュリーニ、アッバード、ムーティ、レヴァインなどの著名な指揮者と共演。室内楽奏者としては、アンサンブル・ウィーン=ベルリンを中心に多彩な活動を展開。また、1991年にはハイドン・アンサンブル・ベルリンを設立、芸術監督を務めた。

 1994年から本格的な指揮活動を開始、これまでにザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィル、カメラータ・ザルツブルク、エルサレム交響楽団、ムニシパッド・マドリード管弦楽団、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ管弦楽団、ローマ・サンタチェチーリア管弦楽団、NHK交響楽団、日本フィル、東京フィル、関西フィル、札響、岡山フィル、兵庫芸術文化センター管などを指揮している。2012年秋には、カメラータ・ザルツブルクを率いて12公演に渡る日本ツアーを行い絶賛された。2013年度からは、岡山フィルの首席指揮者に就任。また、3年に1回開かれ2012年に10回を迎えた国際オーボエコンクール・軽井沢の審査委員長を1994年より務めている。
 CDの録音は50枚以上にのぼり、ドイツ・グラモフォン、デンオン、ソニー・クラシカル、オルフェオといったレーベルからリリースされている。1997年からは、妻とともに自身のCDレーベル“カンパネラ・ムジカ”を設立し、ベルリン・フィルの仲間たちにも参加してもらい、多くの録音をリリースしている。

Schedule

2017年
■9月30日(土)15:00 会場:パルテノン多摩
読売日本交響楽団 第6回 パルテノン名曲シリーズ

■10月3日(火)19:00 会場:すみだトリフォニーホール
アンサンブル・ウィーン=ベルリン&新日本フィル

■10月8日(日)15:00 会場:岡山シンフォニーホール
岡山フィルハーモニック管弦楽団 第54回定期演奏会


2018年
■1月7日(日)14:30 会場:京都コンサートホール 大ホール
京都市交響楽団 特別演奏会「ニューイヤーコンサート」

■1月12日(金)18:45 会場:三井住友海上しらかわホール
名古屋フィルハーモニー交響楽団 しらかわシリーズ Vol.30

Images

(c)三浦興一

Download

(c)三浦興一

Download

(c)三浦興一

Download

(c)三浦興一

Download

(c)Gerhard Winkler

Download

(c)Gerhard Winkler

Download

(c)Gerhard Winkler

Download

(c)Gerhard Winkler

Download

ページトップへ