All Artists

手塚 幸紀(指揮)
Yukinori Tezuka, conductor

Biography

 東京に生まれる。1958年東京芸術大学器楽科にフルートで入学。1960年より一年間、齋藤秀雄氏のもとで指揮法を学び、1962年より学内で指揮活動を行う。1964年に東京芸術大学指揮科に再入学、渡邊暁雄、山田一雄両氏に師事する。
 1967年民音指揮者コンクールで第一位を受賞し、注目を集める。翌1968年東京芸術大学卒業と同時にヨーロッパ各地を回り、ベルリンで学ぶ。この間にベルリン放送交響楽団などを指揮する。1969年帰国。1970年2月日本フィルハーモニー交響楽団指揮者に就任、日本フィルをはじめ各オーケストラの定期演奏会や、テレビ、ラジオに出演し活動を広げる。1971年文化庁派遣海外研修員としてヨーロッパ、アメリカで研修を積み、翌年帰国。
 1972年から1983年まで大阪フィルハーモニー交響楽団指揮者、1983年から1985年まで京都市交響楽団正指揮者を務めた。また1972年、新日本フィルハーモニー交響楽団が創立されると、同団の指揮者団のひとりとして招かれ、1992年までの在籍中しばしば指揮台に立ち、同団の発展に寄与した。さらに1987年から1992年まで群馬交響楽団常任指揮者、1996年から2000年までは神奈川フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者を歴任した。

 2001年冬、咽頭癌が発見されたため手術を受け、一時的に声を失ない指揮活動の停止を余儀なくされたが、その後見事に復活し、現在ではフリーの指揮者として日本の全国のオーケストラに客演している。
 これまでに、日生劇場でのモーツァルト・オペラ3部作、ウェーバーのオペラ「魔弾の射手」の上演、新日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会でのショスタコーヴィッチの交響曲演奏、愛知県芸術劇場でのオペラ「蝶々夫人」の上演などは特に高く評価された。

ページトップへ