All Artists

アントニオ・メネセス(チェロ)
Antonio Meneses, cello

Biography

 1957年、ブラジルのレシフェの音楽一家に生まれ、10歳でチェロをはじめる。16歳で著名イタリア人チェロ奏者アントニオ・ヤニグロと出会い、門下生となり渡欧。デュッセルドルフ、後にシュトゥットガルトでヤニグロに学び、1977年にはミュンヘン国際音楽コンクール、1982年にはモスクワのチャイコフスキー国際コンクールで優勝を果たす。
 メネセスは欧州、北南米、アジアの主要音楽都市で、世界有数のオーケストラや世界を代表する指揮者と共演をしてきた。その中には、ベルリン・フィル、コンセルトヘボウ管、ロンドン響、イスラエル・フィル、サンクト・ペテルブルグ響、スイス・ロマンド管、ニューヨーク・フィル等の世界のオーケストラなどがあり、共演した指揮者には、カラヤン、ヤンソンス、アバド、プレヴィン、ブロムシュテット、テミルカーノフ等が挙げられる。2014-15年シーズンではロンドン・フィルハーモニー管弦楽団やスコットランド室内管弦楽団、パリ管弦楽団、サンパウロ州立交響楽団等との共演が予定されている。

 また室内楽活動にも積極的なメネセスは、フェルメール・カルテットやエマーソン・カルテットとツアーで共演。毎夏はシエナで室内楽コンサートを開催するほか、マリア・ジョアン・ピリスやメナヘム・プレスラー等と共演。メネセスはメナヘム・プレスラーとダニエル・ホープと共に、伝説的なボザール・トリオの最後のメンバーであることでも知られている。2013年春には、ピリスと共に日本ツアーを行い、2015年秋にも再度、ピリスとの日本ツアーを成功させた。
 レコーディングも活発に行ってきており、ドイツ・グラモフォンから発売されたカラヤン指揮ベルリン・フィルと共演のブラームスの二重協奏曲(vl :アンネ=ゾフィー・ムター)とR・シュトラウスのドン・キホーテの2枚は現在でも高い評価を得ている。その他、J.S.バッハの無伴奏組曲や、ジェラール・ヴィス(ピアノ)とのシューベルト、シューマン、メンデルスゾーンのチェロソナタ全集、メナヘム・プレスラー(ピアノ)とのベートーヴェンのチェロソナタ全集、ノーザン・シンフォニアとのハイドンのチェロ協奏曲などがある。またクラウディオ・クルス指揮ノーザン・シンフォニアと共演したエルガーとハンス・ガルのチェロ協奏曲はグラミー賞(ベスト・クラシカル・インストゥルメンタル・ソロ賞)にノミネートされた。
 またマリア・ジョアン・ピリスとの初録音となる、ベートーヴェンやバッハ、ブラームス等を含むウィグモア・ホールのライブ録音がドイツ・グラモフォンよりリリースされている。
 後進の指導にも熱心で、欧州ではスペインのソフィア王妃高等音楽院やイタリアのキジアーナ音楽院に加え、2008年からはベルン音楽院で教えている。また、北南米や日本でも積極的にマスタークラスを行っている。

Schedule

2017年
■11月16日(木)19:00 会場:いずみホール
関西フィルハーモニー管弦楽団 いずみホールシリーズ Vol.44

■11月21日(火)19:00 会場:東京文化会館 小ホール
プラチナ・シリーズ第3回 アントニオ・メネセス ~ブラジルの誇り、チェロ界の巨匠~

■11月24日(金)19:00、11月25日(土)14:00 会場:紀尾井ホール
紀尾井ホール室内管弦楽団 第109回定期演奏会

Images

(c)Clive Barda

Download

(c)Clive Barda

Download

(c)Clive Barda

Download

ページトップへ