All Artists

郷古 廉(ヴァイオリン)
Sunao Goko, violin

Biography

 2013年8月ティボール・ヴァルガ シオン国際ヴァイオリン・コンクール優勝ならびに聴衆賞・現代曲賞を受賞。現在、国内外で最も注目されている若手ヴァイオリニストのひとりである。
 1993年生まれ。宮城県多賀城市出身。2006年第11回ユーディ・メニューイン青少年国際ヴァイオリンコンクールジュニア部門第1位(史上最年少優勝)。ガラコンサートにおいて服部譲二指揮/フランス国立リール管弦楽団と共演。同年、初リサイタルを開く。
 2007年12月のデビュー以来、新日本フィル、読売日響、東響、東京フィル、日本フィル、大阪フィル、名古屋フィル、仙台フィル、札響、アンサンブル金沢等を含む各地のオーケストラと共演。共演指揮者にはゲルハルト・ボッセ、秋山和慶、井上道義、尾高忠明、小泉和裕、上岡敏之、下野竜也、山田和樹、川瀬賢太郎各氏などがいる。国内各所でリサイタルを行うと共に、2011年、2012年、2014年と《サイトウ・キネン・フェスティバル松本》でストラヴィンスキー作曲「兵士の物語」に出演。《東京・春・音楽祭》、《ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン》にも招かれている。

 現在、ウィーン私立音楽大学にて研鑽を積みながら、ヨーロッパにおいても徐々に演奏機会を増やしており、ドイツ、フランス、スペイン、スイス、イタリア、チェコなどを訪れている。
 これまでに勅使河原真実、ゲルハルト・ボッセ、辰巳明子、パヴェル・ヴェルニコフの各氏に師事。国内外の音楽祭でジャン・ジャック・カントロフ、アナ・チュマチェンコの各氏のマスタークラスを受ける。
 2014年1月にオクタヴィア・レコードより無伴奏作品によるデビューCDをリリース、2015年にはnascorレーベルよりブラームスのヴァイオリンソナタ集がリリースされた。
 使用楽器は1682年製アントニオ・ストラディヴァリ(Banat)。個人の所有者の厚意により貸与される。

Schedule

2017年
■11月11日(土)14:00 会場:東京オペラシティ コンサートホール
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第311回定期演奏会

■11月17日(金)19:00、18日(土)14:00 会場:ザ・シンフォニーホール
日本センチュリー交響楽団 第221回定期演奏会

2018年
■3月15日(木)19:00 会場:神戸文化ホール 中ホール
■3月17日(土)14:00 会場:紀尾井ホール
神戸市室内合奏団

■3月21日(水・祝)15:00 会場:めぐろパーシモンホール
未来の音 ガラ・コンサート めぐろパーシモンホール開館15周年記念

■5月19日(土)14:00 会場:ミューザ川崎シンフォニーホール
東京交響楽団 名曲全集 第137回<前期>



Images

(c)Hisao Suzuki

Download

(c)Hisao Suzuki

Download

(c)Hisao Suzuki

Download

(c)Hisao Suzuki

Download

Discography

ページトップへ